MENU
75c

BLOG

BLOG | 75c
ご予約 お問い合わせ お問い合わせ ご予約

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013年のblog@75c全店舗

 

2013年3月5日

 

75cのスタートから1年経って
たった1年でも、沢山のことが変わっていきました。

当たり前なのか?
どうなのか?

自分でスタートさせたものをもう一度客観的にみて
でももう一度、主観的にもみてみて

ここでやりたいこと。
ここでしかできないこと。

毎日頑張ってくれてるスタッフたちが
お客様が一番みたいのは、75cの写真だ!!って
毎日あげてくれるギャラリーですが
ここのところ、めっきりギャラリーだけの一方的な投稿になってしまってました。

これからもう一度、
75cの想いや
私、namiをはじめとする
愛するスタッフやお客様とのお話を
たくさんたくさん、アップしていこうと思ってます。

ふっと
私たちのことを思い出してもらえるような

また、会いたいなって、思ってもらえるような

そんな場所にしていきたいと思います。

facebookや個人ブログでも
プライベートからメイキング、バックステージなどなど
いつもの私たちの様子もたくさん紹介していきたいと思いますので
お気に入り登録、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

2013年3月7日

 

 

自分のことなのですが、

先日、PGCという写真館のグループの関東大会にて私、講演をさせていただきました。

 

PGCとは・・・

 

PGCとは Pioneer(パイオニア) Green(グリーン) circle(サークル)の略。
若手カメラマンや写真館経営者を育てる、チャレンジ・スピリットにあふれた写真館の団体です。
北海道から沖縄まで全国およそ600店の写真館が加盟しています。

 

・・・ホームページより

 

ライフスタジオをオープンして間もない頃

PGCの方とお知り合いになりいろいろな話をしている中で

李社長の講演やいろいろな機会で何かとお世話になっている方々が多く所属されているのですが

75cに独立をして、しかも李社長ではなく私の講演。

 

話をすることは得意ですが

日に日に緊張・・・・・

 

当日の様子はダイスキノカタチ(nami個人ブログ)にてご紹介させていただいてますが

あの日の講演のために、オープンして1年経つ75cに、再び、真剣に、

そして客観的にも向き合って見るいい機会になりました。

 

私自身

このブログをもう一度読み直したりしながら

自分自身が伝えたい思いや考え

これからのこと

ブログは見やすくあったほうがいいかもとか、いろいろ考えての試行錯誤を繰り返してますが

思いを綴っていくことの重要さを、改めて感じてみたりして。

 

75cは、日本にあるたくさんの写真館とは全然違う写真をとっているし

いろんな意味で異質??な部分もたくさんあるけど

熱い思いをいつも語れる素敵な方々が全国にたくさんいて

そんなことも、75cをやっていく上で、本当に大きな力になってます。

 

そんな人たちを、少しだけご紹介・・・・

 

写真て

サービス業とはいえ、かなり特殊で素敵なサービスなだけに

言葉であれがいい、これが悪いと言いにくいもの。

だからこそ

常に時代の変化とともに、お客様とともに進化していく場所でありたいなと、心から思うのです。

 

 

2013年4月1日

 

namiです。

 

4月になりました。

 

あっという間に桜が咲いたと思ったら

寒い日が続き、体調など崩されていないでしょうか・・・・

 

4月1日は

ライフスタジオ恵比寿店の、オープン日でした。

 

75cに独立をしたとはいえ

ライフスタジオ恵比寿店と全く同じ場所で、新しいブランドを展開してきたので

どうしても

この日がとても大切な1日だと、感じています。

 

どんな場所でも始まりというものがあって

その始まりに関わった人達がいて

始まりを迎えるためには、多くの悩みと、涙と

もちろん希望と、それからワクワクするような未来を描く時間があるのだと思います。

 

私は

ライフスタジオが2006年の12月に青山にオープンした日の始まり、

それから2010年4月1日に恵比寿に店舗をオープンし

2011年5月には22番館を

去年1月に75cをオープンして、8月には19番館・・・・と

何度も、オープンの緊張感を味わいながら、なんとも言えないドキドキと

今までであってきた沢山の方たちのお顔を思い出しながら

その日を迎える、新鮮な気分を味わってきました。

 

何も言わなければ、何事もなくすぎていく時間の中で

こんなドキドキする想いを、一緒に共有してくれる沢山の仲間や友人

そしてお客様がいることを、いつも感じて過ごして来ました。

 

75cも、本日から新しいスタッフも加わり

心機一転、3店舗、そしてRoomCも含め

新しいスタートを迎えます。

 

まだまだ試行錯誤をしながら、繰り返しながら

お客様の成長とともに、私たちも日々成長しながらとどまることなく

素敵なご提案をし続けていけるよう、がんばっていきたいと思います。

 

皆様、これからも末永く、75cをよろしくお願いします!

 

 

2013年5月16日

 

こんばんは。namiです・・・

 

75cのホームページ

スタートから1年以上たちましたが、6月をめどに、全面リニューアルを予定してます。

 

そのために、日々ああでもない、こうでもない・・・・と

スタッフたちも頑張ってくれていますが

今のホームページを作った時のこととか、色々思い出しながら

ふと、

当時書いていたブログを読み返したりしています。

 

色々なことが変化してきたけど

やっぱりその時の気持ちとか、想いとか

書き記していてよかったなと、思います。

 

ホームページ

少しでも見やすく

でもスタイリッシュに

こだわり抜いて、素敵なものにしたいなと思ってますが

ドキドキ・・・・

皆様、楽しみにしていてくださいね。

 

それを機に

いろんなことが変化して行く予定・・・・

早く皆様にお店したくてうずうずしてますが・・・・

これからも

よろしくお願いします~

 

 

2013年5月29日

 

wakakoです。 

ご存知の方も多いかと思いますがライフスタジオ恵比寿店から2012年に75cとして独立しましたが、ライフスタジオ時代から変わらないコンセプトのひとつが「恋するマドモアゼル」です。

そのコンセプトをタイトル名にしたブログで恵比寿店がオープンする前の物件探しの段階から75cとして独立するまでのストーリーを綴ってきました。
そんな75cの歴史とも言えるブログが書籍化されました!

ページ数も多く、1冊では収まらず2冊に!


その時撮影に足を運んでくれた小さなマドモアゼル達をご紹介したり・・・


パリでの買い付けの様子を載せたり・・・


2冊の中にずしりと込められた沢山のストーリーや想い・・・
もちろんブログで読み返す事もできまずが
敢えて手にとって読み返す事で感慨深さもひとしお。

こちらの本は5番館のスタジオにてご覧頂けますので是非スタジオで手にとって頂ければ幸いです。


75cの裏話なども聞ける・・・かも?!

 

 

 

独立して1年。

いろんな葛藤があった。

一番の最善をいつも探して

もがきながら

スタッフたちに全面的に、たくさんのことを任せるようになった、1年。

たくさんの出会いと

感謝すべきことだらけ。

もう一度

自分の中でちゃんと、感謝を形にしていかなくちゃいけないと思った。

等身大75c

その文字にも

ドキッとさせられたりして。


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

2012年1月のblog@75c全店舗

 

2012年

いよいよスタートです。

 

ものすごい緊張と

ものすごい、楽しみと。

 

本当に、楽しみなだけに

本当に、ドキドキしてますが。

 

75c

 

本気で

自分の信じる形を、ちゃんと、見せて行きたい。

そして

一緒に、感じて

一緒に、喜んで、過ごして行きたい。

 

そんな風に思うのです。

 

これから、よろしくお願いします。

新しい挑戦が

すべての人に、ハッピーを提供していくことができるように・・・・

 

スタジオにてお目にかかれる日を

楽しみにしてます。

 

 

2012年1月7日

 

今日から、75cがスタートします。

 

一足先にlovemamanも、6日からスタート。

 

とてもとても大切な思い。

自分の作ったホームページをみて

たくさんのやさしい言葉を、もらいました。

 

自分の決定に

何の不安も持たない人など、存在しないんだと、今は思います。

 

それでも先に進むのは

その先にある

いろんな笑顔が、イメージできるからなのだと、信じてます。

 

青山店をオープンしたときのことを

今は毎日考えます。

5年前と同じだったら、正直問題なのかもしれないけど

それでも今は、自分にできる精一杯なのかもしれないなと

腹をくくって、過ごしています。

 

今日スタジオで少し仕事をしていたら

突然の訪問。

うっかり写真を撮り忘れてきちゃったんだけど

オープンおめでとうって

お友達が、花束をもって、スタジオに尋ねてきてくれました。

 

お友達っていっても

会うのは3回目の

同じ、業界の人。

 

なんだか、思いが伝わっているのかなっていう気持ちになって

とても、とても嬉しくなりました。

 

きれいな花束と一緒に

快眠のCD。

もしかして、眠れてないんじゃないかな・・・・って

買ってきちゃったよって

そんな気持ちが

本当に嬉しくて、

涙が出てくる。

 

人は、人との出会いなしには、何も変われないんだって

今日読んでた本に、書いてあった。

 

その通りだと思うのです。

 

少しだけ違うものの見方をしたり

少しだけ何か違う考え方をしたり

そんなことの始まりのきかっけを作っていける空間でありたい。

 

そう思う。

 

75cは

どこの店舗も

同じ気持ちで、

人に、一生懸命な、あったかい場所にしていきたい。

そんなことを、願うのです。

 

スタジオに、会いに来て下さい。

後悔させません(笑) 

 

 

2012年1月9日

 

7日に

ひっそりと、恵比寿店だった場所にオープンした、75c。

 

ブログとかいろんなものから

7日をちゃんと確認して

お花を贈ってくれたり

贈り物を届けてくれたり・・・・

 

 

サプライズも

本当に嬉しかった。

 

 

きれいなお花に

心があらわれます。本当に。

 

 

長いお手紙をいただいたり

お電話をいただいたり

 

いつもいつも

たくさんの人が、支えてくれているんだって言うことに

心から、感謝します。

 

 

いろんな場所に

いろんな形で

そんな気持ちがあふれてます。

 

 

大切にしていきたいです。

そんな、思いを。

 

ありがとうございました・・・・

 

 

ドキドキスタートした2012年。

全てが、再スタートの、日。

今はもう一度原点に返って

自分自身を見つめ直す必要があるのかなと感じて整理してると

とてもたくさんのエネルギーがわいてくるのを、感じてる。

そういうことが、必要だったのかなと、思ってるんだ。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

李社長のブログ@75c全店舗

李社長に言われた。
メールをしたから、翻訳をしろと・・・・

最近全部私がやってなかったから
急にどうしたんだろうと思った。

だから正直忘れてて
夜中に、確認をしたんだ。

最初にダウンロードして、内容を見たら、こんな文章だった。


「奈美はなぜライフスタジオを抜けるのか?」


翻訳をするつもりで開いたけど
私への手紙なんだと思った。
だから、
最初の文章だけ翻訳した後、そのまま読んだ。

会議の、1日前に書いて、送ってくれた文章。

何度も何度も間違えのないように読み返して、
涙が流れた。

いろんな涙。
嬉し涙と、感謝の涙と、たぶん、そんな涙。

確認したら、手紙じゃなくて。
手紙だけど、ブログだといわれた。
公開するのももったいないくらいだけど、
心から、ありがとうと思います。
そして
自分への、気合。


奈美に出会う前まで、韓国での私の生活は社会人として、組織のリーダーとして過渡期にあった。よく言えば過渡期だといえるが実際は失敗の連続だった。もちろん、今思えばそうだったといえるのであってそのときはそれが成功に向かっているのだと思っていた。写真館はある程度の規模になったし、これから始まる何かで完成なのだと思っていた。まず規模を作り上げれば、それで終わりだと思っていたのだからどれほど何も知らない時期をすごしていたのだろうか?周囲の人にはもっともらしい理由を述べながらいろいろな場所を徘徊しているときに、奈美に出会った。一緒に日本に行って市場調査をしようというもの、私の中にあるバブルが作り出した冗談だったし、運よくコンサルティング契約ができて奈美と共に仕事をするようになった。


奈美は、私の自信を確信に変えてくれた人だ。この世の中は自信だけで生きていくことはできない。自信は複雑に絡まりあった現実だという検証過程から冷静な評価をされる。成功すれば自信が推進力に発展し、一定の段階にあがっていくための原理を知るようになる。しかし、多くは自信がそのまま執着に変わり偏食を楽しみながら自分だけの小さな世界に満足してしまう。その当時、自信はあったがその自信を現実で実現して維持する能力を持ってはいなかった。だれでも少し努力をすれば社長になることはできてもリーダーになるのは難しいように、私にはひとつの店舗オープンによって、その日稼いだお金をその日に使う程度の水準だけで、持続可能な会社を運営する能力はなかった。


自信を確信にするために、奈美は私に2つの贈り物をくれた。


奈美は、私自身が自分自身に価値を付与する方法を教えてくれた。私に対し、奈美はオーバーなほどの賞賛を、よくする。顔が赤くなることも何度もあった。一時、私は【うぬぼれの固まり】だというほど自分に酔っていたし、今も同じだ。でも、以前は相対的なうぬぼれだったとすると、今はそれが少し減って、その分だけ私が私自身を客観的に判断できるようになった。日本に来る前まで誰かから賞賛を受けることなどなかった。賞賛の文化にけちくさい韓国の状況ももちろんあったが、賞賛をうけるほどのことを何もしてこなかった。自然と、引く力よりは押す力が強まる。押せば押すほどそこの筋肉は発達するようになっている。内面に向き合うよりも、外部の状況を現在の問題とつなげていく習慣ができてきていた。それはうまくいけば私の能力が、失敗すれば状況と条件の問題になっていった。日本に来て奈美は私を受け入れる器になってくれた。安定した器の中で、私が必ずしなければいけないことについて集中して考える条件ができた。そしてその器は私にいつも賞賛を投げかけた。賞賛をうけ、若干その気分に酔うこともあったが、その賞賛の力で引っ張る力を使うようになる。引っ張ってみると自分を発見することができる。客観的に私自身に向き合うようになる。その客観視が自分自身に自らの価値を付与するようになる。価値を自ら付与するということは、根を下ろすことができるということであり、これから木が生えて成長していくことのできる条件が作られるということだ。


2つ目に、奈美は私にとってとても厳しい先生だった。こんなことを言うと奈美はとても意外だと反応するだろうが、事実だ。奈美にとって恥ずかしくない社長であり、リーダー、そして韓国人になろうと、面倒なときも、大変なときも、限界だと思っても、少し前に進んでいく力をくれた。奈美は映画の【ラストサマー(I Know What You Did Last Summer)】のように、私のことを知っている人間だ。彼女にはうそをつくことができない。上司だといって事実を変えたり、合理化してしまう場合にはとても苦しくなる。そして誤り反省し、気をつけるようになる。奈美は私を緊張させる2人のうちの1人なのだ。その緊張は健全な緊張だ。印象よく自分を見せるわけでもなく、間違ったとひどく悩む必要のない、そんな緊張だ。自分を管理するためのプログラムを作動させる健康な緊張感を持たせ、私は成長した。


こんな風に私の成長と発展において大きな影響を与えてくれた奈美に、最も文句を言ってきたのも、私だ。少し前にチョンアとこんな会話をした。


チョンア:なんでみんな怒りながら自分の主張を言いたいだけ言うんでしょうか?それで気分がよくなりますか?なんでそんなに人の前で怒るのかわかりません。

私:お前、俺に言ってるのか?今まで怒ってばかりで悪かった・・・

チョンア:違いますよ。社長は怒らないじゃないですか。怒ったところ見たことないですよ・・・

私:チョンア、俺はお前に関心がないんだな・・・お前に怒ったことがないなんて・・・


チョンアは私の秘書の役割も担っているスタッフなのに、私が怒ったことがないという言葉を聞いて、私は日本で本当に変わったんだと思った。そしてすぐに奈美のことを思った。本当に、奈美にはよく怒り、よく泣かせ、たくさん傷つけてきた。私は奈美に対して本当に【いやなやつ】だった。


奈美がライフスタジオを整理して新しいブランドを立ち上げ、新しい出発をすることになった。以前から言ってきたことだし、自分の中で整理をつけるまで2年近い期間、悩んできた結果だ。この間、少なくない時間を通して相談してきたし、ライフスタジオにおける公式活動を停止する決定をしたときから予想されたことだった。奈美がパリに行って帰ってきてすぐ、静岡の海を見つめながら、ライフスタジオを整理することにしたと言った。その話をする少し前に、こんな会話をした。‘奈美、後ろにはすぐ私たちのスタジオがあり、目の前には波打つ海があって、風も気持ちよく、天気もよくて・・・・本当に幸せな瞬間じゃないか?私たちは本当に成功したと思わないか?5年前、こんなことを想像できたか?’この言葉の後、2分程度の沈黙があり、奈美がライフスタジオを整理すると、伝えてきた。だから、【人生は、美しい・・・・】


奈美がライフスタジオを整理するということは、自分の限界を認めるという面から、とても肯定的だ。奈美はいつも私にこんなことを言ってきた。自分の中で人と組織に対する否定的な思いが出てきて、それを調整することができないと・・・・旅行に行ったり、自分に向き合ってみたり、現場でがんばって働いてみたりもするけれど、弱くなった自分を襲ってくるいろんな要素のために、幸せを感じることができないと・・・・そして、2年もの間悩んだ末、ライフスタジオを抜けて新しいブランドをつくるという整理にいたった。多くの人にこんな話をよくする。【おまえだったらもう爆発してただろう。奈美だから、自分の中だけで火遊び程度ですんでいるんだ。】ライフスタジオを整理すること自体はそんなに重要ではない。決定自体が何かを作り出すわけではないからだ。しかし、自分が2年あまりの悩みの結果、何かを決定してそのすべての悩みそのものを認めることができたということは、奈美が成長できる条件を、自ら作り出したということだ。だからこそ、肯定的であり、一種の勝利だと考える。


奈美もそうだし、私もそうだ。ライフスタジオを整理するということはそんなに大きな問題ではない。最初にブランドを変える過程でするべきことが少しできること、そしてライフスタジオに対してきちんと整理がつけばいい。むしろブランドの変更による心配よりも新しい環境に対する期待がもっと大きいかもしれない。自分なりに顧客管理もしてきたし、スタジオ運営についてのノウハウも持っていて、スタッフたちも同意をしているため、新しいブランドは問題ないだろうと思っている。


ライフスタジオを整理することに決める過程で、奈美はとても寂しかっただろう。2年程度の期間を悩みながら話せる人は限られていただろうし、同じ水準で悩みを共有できる人は、いっそう少なかっただろう。一緒に徹夜で話をしたり長期の旅行に行く人はいても、こんなに大きな決定について相談できる人は、思ったよりも少なかっただろう。もしかしたら誰もいなかったのかもしれない。人との関係に対しての再確認をしただろうし、それが奈美にとって肯定的な影響になっていけばと願うばかりだ。


そしてこれからは自分がすべてに責任をもっていかなければいけないという圧迫感を持っているだろう。実際圧迫はそんなに重要な問題ではない。圧迫は条件であり、決定の根本原因ではないからだ。圧迫があれば動くのか、そうでなければ自分が進めた計画で自ら圧迫をかけながら進んでいくのかということが何よりも重要なのだと思う。これから新しいブランドをつくり経営をしていくと、予想もできなかったようなことがたくさん起こってくるだろうし、その状況を危機とするのか機会とするのかを選択するのは自分自身なのだ。その中で自分を発見していくだろう。今まで自分が選択したことは多くなかったはずだ。多くはライフスタジオでつくった枠の中で動いてきたから、特別なことに悩んだり改革すべき課題がなかった。むしろ組織を維持するためのシステムと規律によって息苦しく感じてきただろう。これからは、奈美が持っている自分を管理するプログラムが実力を発揮する時がきた。ないのであれば作らなければならない。危機を機会に、先制攻撃能力と原則を失わない姿勢に対し、試験台に上ったのだ。


ひとつだけ願うならば、こんな変化を楽しんでほしいと思う。すぎてしまえば感じると思うが、今が一番幸せな瞬間だ。台風が来たときに、いつも想像だけしていた波と対面するサーファーのように、自分と直接的に出会うこの瞬間を味わってほしい。サーファーは命がけでその波と出会うが、私たちは命がけというほどではないのではないか?ライフスタジオを去るということが逃げることなのか、より高い世界に対する挑戦なのかを決定するのは、奈美にかかっている。成長する人間というライフスタジオの目標を、誰よりも先駆けて実践する人として残っていくのか、もしくは現実からの逃避なのかを決める基準は、出発地点を決定する重要なものだ。感情はそうでなくても、理性で美しい離別を作り出す必要がある。そのためには、変化を楽しまなければならない。


いつも奈美との会話で私は反対側に立つ観察者の役割をしてきた。ひとつの計画を伝えてきたら、冷たく、奈美の弱いところをついてきた。だから奈美は私との会話が微妙だと感じていただろう。私もそうだ。これからは、重要な決定をしたし、奈美と私は同じ高さで物事を見るようになった。いつも山の上から早く上がってこいと叫んでいたのだとしたら、小さな細い一本道を一緒に歩きながら、同じことを一緒に話していける人になった。同じ組織では、奈美は私をみつめ、私は前をみつめていた。これからは一緒に前をみて、未来を話しながらいち、に、さんと叫んだらお互いを見れるような関係になっていきたい。いつも言ってきたように、今までのライフスタジオを作り上げた分だけを持っていくのであれば、奈美が半分は持っていくべきだと思う。最初に枠をつくり、その後は慣れてくる。その枠を作り、方向を決定し、慣れが生じるまでを作り出したことだけでも、半分を持っていくだけある。そして今、奈美はそれだけのものを自分の中に持っている。


人が人を、人として創り上げていくことがライフスタジオなのだというのであれば、最初のライフ人が新しい世界に挑戦するために飛び出していくこの瞬間が、これを証明していると思う。完璧であることはできないが、足りない部分を認めて新しい出発地点に立った奈美こそが、本物のライフ人ではないだろうか?


人生で
こんなに必死になることがあるんだと
社長に出会って、知った。
必死になることは山ほどあったけど
仕事というものがつなげる人との関係は
なんて価値のあるものなのだろうと、日々、感じてきた。

これからの自分。
私は
恥ずかしくない人間でありたいと、思う。

そして心からの感謝を
必ず形にしていける自分でありたいと、強く思う。

新しい出発を心から、
感謝と
希望に満ちたものにしていきたいのだと、思っている。

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

2011年12月のblog@75c全店舗

2011年12月1日

 

12月1日・・・・

本日は予約開始日。

ライフスタジオのホームページに何のリンクもしていないのに
お客様がたくさん関心を持っていただき
たくさんのお電話いただけましたことを、心から感謝いたします。

なかなかお電話がつながりにくくなっていますが
留守番電話に残していただければ、必ずお電話いたしますので
よろしくお願いします。

また、大変恐縮なのですが
留守電にメッセージを残される際には必ずお名前とお電話番号をはっきりとお伝えくださいね。
また、ご予約の件でと入れていただけると嬉しいです。

まだまだご予約は週末もあきがありますので
ご安心ください~

明日も朝10時半より、ご予約受付いたしますので
よろしくお願いいたします!

 

 

2011年12月11日

 

 

皆様こんばんは・・・

今日も寒かったですね~

 

昨日の月食のせいか、今日も空を見上げてみたら・・・・

寒さがふきとぶほど、きれいな月。

星もキラキラ光ってて

すくないけど

なんだか素敵な気分になってみたり・・・

 

さてさて。

 

75cのホームページに使われている、音楽。

最近友達やらいろんな人に

 

「え?あの曲オリジナルなの??」

 

と、言われることが多いので

ちょっと、ブログに書かせていただくことにしたのですが。

 

あの曲は

完全にオリジナルで、このブランドのために、作ってもらったもの。

 

ホームページのイメージ

75cのイメージ

これから展開していくいろんなイメージを言葉にしながら

いろんなサイトを見せたり・・・・してるとき。

 

ピアノの音が癒される・・・・

 

その一言から

突如

ホームページ用に、作曲をお願いすることに。

 

ダイスキなお友達に作ってもらうことになったので

テンションあがり~

 

どんな感じなのかな・・・・ってドキドキしながら最初に聞いたとき

ちょっと、センチメンタルな気分になったりもしながら・・・・

どうする??って

ギャラリーの写真をそのメロディーに合わせて、見てみたんですよ。

 

そしたら

なんだかジーーーンと

心に響くものがあって

そのまま、修正なしで、OK

 

今もまだ、毎日仕事に追われて、

これから始まるいろんなことに、不安がないといえばうそになりますが・・・

 

それでも。

毎日このメロディーを聞きながら、癒されてる私です。

 

お子様の大切な写真と共に、一緒に記憶されていくような

そんなメロディーになっていったらいいな・・・・

そんな気持ちです。

 

 

今のホームページは

75cの3回目の、ホームページ。

最初のシンプルで、

大切なことだけを埋め込んだホームページと

そこで流れるオリジナルのやさしい音色が

私は本当に大好きだった。

 

スマートフォンの普及とか

分かりやすさとか

いろんなことを考慮してホームページを変えたけど

最初のも

その次のも

私は本当に気に入ってて。

 

だけどまだまだこれから。

そんな風に思ってる。

もっともっと、自分の想いえがくものを

一つ一つ形にしながら

この空間を、もっと大好きなもので

埋め尽くしていきたいのです。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

2011年11月のblog@75c全店舗

2011年11月10日

 

本日
ホームページの素材が完成しました・・・・・

いろんなことがあって
なんだかわりと延び延びになってしまったりもしたんだけど
それでも
本当に気に入ったものを作りたくて
まずは、ひと段落、というところでしょうか。

仕上がりが楽しみなのと
仕上がりと同時にいろんなものが公開されて
今後の不安とか
楽しみとか
そんな、いろんな気持ちが入り混じっていたりもして。

ドキドキの始まりです。

今のこの気持ちを、忘れないように・・・・

 

 

2011年11月17日

 

ホームページ、だいぶできて。


毎日毎日確認作業をしながら
流れてくるこのメロディーに、心から、癒されながら。

いろんな思いをもっともっと、詰め込むつもりだったんだけど
みにくくなっちゃうから。

今私にできる
精一杯の、形。

これから少しずつ、もっともっと素敵なものに、していきたい。
そう思う。

そして
李社長にも電話をして
ライフスタジオのホームページにもそろそろアップされる、1日がくる。

何気に
ものすごい緊張に襲われて
急に、吐き気がしたりする・・・・・苦笑

とてもとても
大きな選択。
いろんな思いがいったりきたりするけど
その中で
自分がやれること、精一杯やってくしかないよね・・・・・
そんな風に
自分に言い聞かせてみたりする。

がんばろう。
一生懸命やるだけ。それしかできないし。 

 

 

2011年11月19日

 

もうすぐ
もうすぐ

あと少し。

こんな時間を過ごしてきて
本当にあと少しなのに
いろんなことが、思ったようにうまくいかない。

連絡をしてもなかなかつながらないし
早く進めなくちゃいけないのに
なかなか難しくて
気持ちだけが焦ってしまうけど
そんなことも、言ってられないから。

ホームページ
何点だと聞かれて
90点。

いや
本当は
もっともっと気に入ってるんだけど
控えめ(笑)

だけど
ギャラリーがまだ、ちゃんと表示されなくて
早く早くと気持ちが焦る。

小さなことが
とても気になって
そんなこと気にしてる余裕もないのに
いろんなタイミングがあわなくて
落ちる。

だけど
オープンして
時間がすぎて
あの時本当に大変だったね・・・なんて
そんなの笑い話になるのもわかってても
なかなかね。
現実は
そんなに簡単ではなくて。

早く公開をして
早くいろんなことを進めていきたいのだけど
なかなかギリギリになる、この現状。

いつもそう。
なかなか、脱却できないですね・・・・・

がんばろう、あと少し。
弱気な自分が、折れないように・・・・笑

 

 

2011年11月22日

 

ホームページできあがってきてます・・・・・

あと少し
修正はあるにしろ
いろんな思いで作った、このホームページ。

一番大切なギャラリー部分にエラーが続いて
なんだかやるせない気持ちで数日間を過ごしてきたけど
確認するたびに流れる、メロディーに、日々癒されながら
音楽がなくても生きていける私だけど
とても優しい音色に、なんともいえない気持ちになって過ごしたりしてました。

あと少しで、11月も、終わり。

12月1日から、予約開始なのだけど
まだどこにも公開してなくて
だめですね・・・・・

これから
facebookも
恋するマドモアゼルにも
私のブログにも
それから、ライフスタジオのHPにもリンクをはっていただいて
たくさんたくさん
いろんな思いを実現していくために、がんばっていこうと思う。

最初はあれ??って思われそうなHPになったのかもしれないですが・・・・

まあ
最初なので。
許してください。

75cとlovemamanのBOX
これは、ひとつのBOXなんですよ。
4つが、中にはいってるので
ひとつひとつクリックしても同じコンセプトだけが出てくるようになってるので
あしからず・・・・

慣れてください・・・・変更も考えてみるけど・・・・よろしくです・・・・
とくに、windowsユーザーの皆様。

これからも
素敵な素敵な思いをたくさん形にしていける空間作り
がんばります。
一緒にスタジオで
いろんなお話ができる1日を
心から、お待ちしております・・・・・

 

 

11月の初めに

突然のような

突然ではないような

でも、衝撃的な出来事がありました。

乳がんを患っていた母親の、死。

 

私がこの仕事をつづけたのは

母の協力があったからこそ。

そして母親の偉大さや、温かさ、想いの大きさを知った、大切な大切な期間を過ごした。

感謝しても

感謝しきれないけど

きっといつもそばにいてくれているのだと信じてる。

お葬式の写真は

スタッフがとても素敵に撮ってくれて

この仕事をしていることに、また、感謝しました。

 

忘れられない

大切な出来事。

独立することを

応援してくれた、母親に

もう一度今の自分を振り返って

しっかりやっていかなきゃなって、強く思わされたりします。

 

 

​​​​​​​


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

2011年10月のblog@75c全店舗

2011年10月5日

 

昨日は会議がありました。

大事な会議なのに
私はしばらくお休みをさせてもらってて
いろんなことをゆっくり考えて
ちゃんと答えを出していきたくて、ずっと、外からその会議を見ているだけの状態が、続いてました。

やっぱり
いろんな変化に弱い私は
毎日毎日いろんなことを考えながらワクワクすることが増えるのと同時に
不安もないとはいえないけど
一番の気がかりは、今までの関係をどんな風に整理するのか?
そこが、一番のポイントだったように思います。

人間誰でも、自分の思ったとおりにことが進むことなんてほとんどなくて
意図しない、いろんな状況と環境の中で
自分がそれをどんな風にうけとめて
どんな風に感じて
対処していくのか?
そこにかかっているのだと、思うのです。

朝から緊張してたけど
とってもとっても気持ちのいい秋晴れの、朝。
出勤は、所沢店。
家から近いから
出勤中、すごい早い時間だったけど
頭の中を、いろんな思いがグルグル回る・・・・・・・・・・・・・

でも。
会議は無事に終わり
とてもとても、感謝の時間になりました。

途中
いっぱい泣いてしまったので、正直あんまりはっきり覚えてないのですが・・・・
それでも
人の優しさが、身にしみた時間。
いろんなことがあって
いろんな決断をして
こんな風に、あったかい人たちに囲まれている私は、幸せだったんだなと
改めて、思う時間。

感謝の気持ちをちゃんと、形にしていけるように
これから一歩一歩、しっかりと進んでいこうと思うのです。

5年間。
本当にありがとうございました。
まだ終わってないし
これからもずっと続いていくけど
昨日の時間は
私にとって、忘れられない時間になりました。

たくさんの人の思いと、やさしさに包まれた時間。
こんな風にできていく、空間を
もっともっと大切に
思いをこめて
作り上げていきたいなと、思うのです。

よろしくお願いします・・・・・・・
今の、気持ち。
そして
しっかりと、がんばります。

 

 

2011年10月17日

 

ホームページの準備を進めてる。

内容もそう
写真もそう
本当に、私のつくりたいものを、必死で集めて
まず最初の、始まりだから。

そこに、必死で、思いを託す。

まだ
恵比寿店は新入社員が多くて
いろんなことが飲み込めなかったり
どうしてこんなところで・・・・と
本当に基本的なことで、びっくりするくらいイライラしてしまうことがある。

正直なところ。

仕事という以前に
人として
どうしてそんな風にいままでやってこれたんだろうな・・・・なんて
厳しく言ってしまいそうになる瞬間が、何度もある。

なんだけど・・・・・

自分が独立して
新しいものを作ろうと思った、気持ちの中に
やっぱり、一緒に働く人との新しい関係設定とか
そういう環境づくりとか、
そんなことが、入ってたりもする。

結局は、自分の条件作りだったりもするんだと、思う。

毎日毎日現場ではたくさんのお客様がご来店されて
もちろん
たくさんのお客様に感謝してやってきてるし
これからも、そう。

だけど
たくさんのお客様に満足していただけるスタジオではなくて
とても、大好きなお客様に
心から、たいせつな時間になったと、共有していける
そんなコアなお客様との出会いのある、スタジオにしたい。

私たちのことをなんとなく知って、くるお客様ではなくて
ここで、こんなこだわりがあるからこそ
この人と
ここで
過ごしたかったんだ・・・・・って思ってもらえるような、お店。

夢物語のような話。
だけど
そうじゃなくちゃ、やる意味はない。


もう5年も前だけど
そんな風に感じてスタジオを、始めたんだった。
自分が無知で
いっぱいいっぱいで
とても大変な思いをしながらすごしてただけに、今になって思えばもう、かなり忘れてたことだった。
それ自体に
反省をしなくちゃいけないなと、思ってる。

改めて自分のやりたいお店とか
いろんなことを考えてたら
そんなことを、思った。

いいものを、つくりたい。
心から、思う。
こんなチャンス
人生にはなかなかないですね。
がんばろうと思う。
そして
共に生きていけるような、素敵な出会いを、準備しよう。 

 

 

2011年10月19日

 

ホームページの準備に明け暮れる・・・・日々。

明け暮れるといっても
ずっとそれではないのだけど
毎日起こるいろんなことが
全部つながるから
自分の中では、明け暮れてる・・・・笑

いいものつくりたいなと、本気で思う。
当たり前だけど
ワクワクする気持ちと同時に
いろんな、緊張があるのも、当然。

そんな中
一足先に改革を進めるlove maman。

準備のための1日。
荷物移動なんだけど
今日はキレイにワックスがけをしてくれて
これから
靴を脱いでのmomdoll。

私が一番楽しみだったりする。

それから
スタッフと夕食。

食べながらいろんな話をしていたら
とても懐かしい
とても大切な気持ちをたくさん、思い出して
共有したりして。

こういう時間がきっと、とても大事なんだと思う。

私にしかできないことがある。
それがきっと、これなんだと思う・・・・・あいまいだけど。

だけど、そう
自分の中にしっくり来る時間が過ごせるときは
本当に
穏やかな気持ちに包まれるから
いろんなことに、覚悟ができる。
やさしい気持ちの中に感じる、強い、決意みたいなもの。

今日もありがとう。
これからが
とても楽しみになった、1日。
 

 

2011年10月21日

 

本日~

ホームページのトップ画像ができました~

いろいろ試行錯誤の結果
私のとても気に入るスタイルになったので
ああ、よかった~~~と、なんだかルンルンの帰宅。

ちょっと疲れたけど
連日デザイン尽くめで当然といえば当然か。

それでも
自分のイメージしたものが形になっていくっていうのは、本当に素敵なことなのだと思う。

今日も
少しの休憩で、海に行ったりしてみた。
すごく気持ちよくて
自分がこれからはじめていくいろんな決定とかそういうのに対して
なんだかとても、ドキドキするし
すごく、緊張するけど
日々、いろんな時間
いろんな出来事を通して自分の気持ちとかそういうのを、確認したりする。

そういう時間がきっと、とても大切なのだと思う。

早く全部のページができないかな・・・・なんて
ワクワク考え中。
皆様~楽しみにしててください~
(って、このブログも公開されてないですが・・・・)

 

 

2011年10月25日

 

少しずつ少しずつ

大切なものをかき集めて
ホームページに詰め込む作業。

それが終わったら
その先にはやらなくちゃいけないことが、まだまだ山のようにあって
それでも
とにかく優先順位をつけて
一つ一つ
思いを込めて。

自分の気持ちを表現すること
伝わりやすく
表現してみること
そのためには、自分の気持ちをちゃんと知ってる必要があって
意外にそれが、難しいんだなと、今になって思ったり。

それでも
1日の中で集中してそんなことを考えていられる日は
本当に幸せなんだと、思う。

みんなそんな風に生きてる。
一生懸命に生きてるんだって事。
だから
そんなに簡単じゃない。
だって
たくさんの幸せを詰め込む形をつくっていくんだもん。

それでも
いつでも原点にかえれるような、そんな気持ちになれる1日。
毎日が
そんな原点になっていける日々を
過ごしていきたいなと、本気で、思う夜。

いいものを、つくりたい。 

 

 

自分の決断が

どんどん現実的になって

どんどん不安になるから

毎日毎日、楽しい想像を膨らませながら

一つ一つをイメージして

引きこもりの人のように

毎日パソコンに向き合って過ごした日々。

 

書くことで整理して

まとめて

イメージして

その繰り返しの中で

大切な気持ちとか、想いとか

いつも同じだけど

変わらないものを見つけるための時間を、持っていたのだと思う。

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

19. 決断@75c全店舗

いろんなことがあった。

生きてるんだから当たり前。
誰でもそうだよ。

そんな風にまとめてしまうには、あまりにももったいないと思うほど
私の時間は、とても贅沢で、幸せな時間だったんだと思う。

人が好き。
昔から、私は人がとても好きだった。

未来がとても怖かった。
いつも、今を大切にしていた。
だから当然、過去に、縛られて生きてきたのかもしれない。

今が楽しい
だから
このままとまってしまえばいいと、 何度も何度もそんなことを思った。
そんな風に、生きてきた。

未来を、夢見てた。
いつも、自分の未来は明るいと、漠然と信じてきた。
それには、その明るい未来を手にするには
自分が必死で何かを我慢したり、努力したり
とてもつらい思いをたくさんしなくちゃいけないんだと、覚悟を決めた。
いつごろなんだろ。
だけど、そんな風に、生きてきたんだ。

会社を設立して独立することになったとき、会社名を何にするかでとても迷った。

知ってる人は少ないかもしれないけど
ライフスタジオがオープンしたとき、最初の1号店は、スタジオメモアだったんだ。
所沢のオープンのとき
これからのことをいろいろ考えてライフスタジオに変えたんだけど
私はメモアという響きがとてもきれいで、好きだった。
気に入ってたから最初名前を変えるといわれたとき
ちょっと悲しかった記憶。

その名前を、会社の名前にした。

李社長に最初に伝えたとき
社長は黙ってうなずいた。

社長に何かを提案して、うなずいてもらえるとき。
あんまりないけど
社長がとても思いを共有してくれているとき。
そのときの表情をしてて
とても嬉しかったんだ。

私がメモアという会社を設立して
代表取締役になった。
自分でしてきたことがあまりにもないから、この肩書きがなんだかとても不釣合いに思えて
普段はあまり表にださないんだけど
それでも
そのおかげなのかなんなのか
一番よかったことがなにかと聞かれたら、自由に時間を調整できるということ。
いつも忙しいとはいえ
全部、自分で調整ができるということ。

だから、旅行に行った。
パリに行ったし
韓国にも、何度も行った。

パリに行く途中
オランダやイギリスによって、大切な人との時間を過ごした。
そして
パリでも素敵な出会いをしてきた。

人生の宝物。

年をとるということが
すごく憂鬱に思えた時期もあった。
まだ若くて、幼かったころ。

特に理由はわからない。
だけど、ただそれがいやだと思ってて
ひたすら憂鬱に過ごしてきた時期もあった。

今は年をとるということが
人との深みを、より、深くしてくれるのだということを、知った。

一緒にいるとか
心の中にあるとか
そういう特別なことではない。

人を好きだと認識すると、それがものすごく特別なことのように思える。
だけど
人を認識することそのものが
人間にとって、どれほど大切なものなのかということを、知った。
仕事をしながらそんなことを考えたり、感じたり
そんな空間にいることそのものが
私の未来は明るいと感じてきたその思いを
すでに実現させているんだと、思ったりもするんだ。

だからこそ、自分に素直に。
自分に、正直に。

私は何を求めているのか?
私は何を思っているのか?

いつから
何を求めて
何が不安で
何が不満なのかが、わからなくなった。
自分に向き合って、そんな自分を見つめることが苦しかった。
いつもがんばって
いつも自分が好きだと思いたいと思ってた。
でも、だめだった。
なかなかそんな風に、世の中きれいごとではすまないんだと思った。

気がついたことはそんなことよりももっともっと、大切なこと。

それでも、受け入れるしかないということ。
つらい現実を受け入れるのではなく
私は、こうなんだという、現実。
だからこそ
その先にいかなければいけないという、思い。

踏みとどまるのではなく
自分を知って、受け入れる。
誰を傷つけることもないんだということ。
とても単純で簡単なことなのに
私は長い時間をかけて、やっとこのことに気がつくことができたのかもしれない。

震災があって、何度も泣いた。
将来への不安や
母親の病状の悪化や
いろんなことが重なったからなのか、今となってはよくわからない。

生きるということについて
そして
共にいるということについて
人を思うということについて
たくさん、考えることになった、期間。

忘れてはいけないこと。
そして、変わらなくちゃいけないということ。
変わらない部分をもつということ。

伝えたいことがあるということに気がついて
必死に、生きたいと思った。

ただそれだけ。

パリから戻って、李社長に、会いに行った。

新しい出発を決意したから。

何度も何度も泣いてきたけど
今回は
嬉涙だったんだ。

たぶんね。

こんな風に私はできてる。
今日開いた本に
「自分のルーツが大切」なんだということがかかれてた。
だからきっと
このヒストリーを書き上げることによって
先に進もうと思ったのだと思う。

一度アップをしたけど
李社長が、書いてくれた手紙。

一生の、宝物。
私は、横に並んで歩くことができるのかな。
社長の表情は、想像つくんだけどね。

たくさんの人が、支えてくれたし
これからも、支えられて生きていく。

写真って
そんな人間くささが一番、素敵にみえる要因になるんじゃないかななんて
写真を知らない私が感じる、写真論。
すばらしい思いをもって
新しいものを、はじめていきたい。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

18. 新松戸店での撮影@75c全店舗

2011年の5月。

momdollをオープンしてから少し経った日に
愛亜の、入学写真を新松戸で、李社長に撮影してもらった。



この場所は
私が作った部屋。
一番思い入れがあって
一番落ち着く、モニター室。

光がないから
撮影はしない。

だけど李社長は
最初にこの部屋で遊んでる愛亜を、撮影してくれた。



もう、
愛亜が大きくなって
いろんなことを、言えばやる。
だから、本当にスムーズに撮影がすすむ。

恵比寿の撮影以来だったけど
愛亜がきらいなチクチクする服が多かった、冬。
夏物はさらっと1枚できれるから
愛亜がご機嫌だった理由もそこにあったりして。



私が新松戸にいた頃にはなかったセットとかもたくさん入ってたし
1階のエレガントなイメージが私はすごく好き。



この背景は
パリに行ったとき、いろんなものを見て探してみつけた、壁。
パリのオペラの、H&Mの壁にあったものだったんだけど
それをバランスよく配置して、仁美がかいてくれたんだ。

そしてこの服は
私の大好きなDino e Luciaのもの。



そして次は、メイン。



入学式の日は、お友達の前でカメラを向いているのがいやだったみたいで
泣いちゃった愛亜。
この服は入学式のときに着たもの。



私は
レインブーツだったけど
まあ、せっかくだしねということで。



ちゃんとランドセル姿、とってもらってよかったね。

お着替えをして、光が出てきたからともう一度モニター室に行った。



このとき着せた服が妙にこの部屋と
それから髪型とかとあってて
とってもかわいい。

やっぱりコーディネートがとっても楽しい。



廊下も
大好きな場所。

もう一度私服に着替えて学校にいくぞ~~~という写真を撮る。



こんな風景がかわいくて好き。



最後のお着替えは
全然イメージを変えて。



シンプルな白の部屋。



子供は、かわいい。



朝は雨だったのに
ものすごく天気がよくなった、午後。

ああ・・・・これで思い残すことはない・・・・・笑

なんて
そんな気分になった1日。

ありがとうございました。
毎回言うけど
宝物が増えていく。

写真は
そのときの思い出と
それにまつわる思い出と
全部を、一番キレイな形にしてくれる、最高のツールだと思うのです。
だからこそ
私は一人の娘の母親として
何か、いつもこだわりを求めてしまうのかもしれないな。

記念写真から始まった写真館だけど
もっと豊かになった今
もっと豊かになった証に好きなものに囲まれていくのではなくて
もっともっと、素敵な人生を、好きな形で残していけるような
そんな提案を、たくさんしていきたいと、思う。

写真はすばらしい。
心から思う。
だからこそ、私の携わるこの仕事が、とても誇らしいと、思うのです。

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

17. 恵比寿店での撮影@75c全店舗

少し順番が前後しちゃってるけど
2010年の、11月、10日。

新松戸に勤務をしていた、真っ只中。
李社長に、
恵比寿店で愛亜の撮影をしてもらった。

私にとって、緊張で、特別過ぎる1日。



お気に入りの写真があまりにも多くて
選ぶのにもものすごく時間がかかる。



長年私の髪をセットしてくれてる美容師の芳賀さん。
この日はオフを利用して駆けつけてくれて
愛亜の髪を全部セットしてくれた。



最高に、楽しい時間。



今はこのときよりも、もっと愛亜のサイズも豊富にそろってて。



この写真
年賀状にしたり
恵比寿店のメイン写真になった。

そして
私の一番のお気に入りの、モノトーンの部屋で。



どんな写真にも
それぞれ、子供の個性と、それから、親の思い
そして
カメラマンとのつながりがあるのだということ。

愛亜が上手なモデルなのは
社長との撮影の時だけだということ。
それだけ、社長が愛亜のことを、思ってくれているのが伝わってくる写真。

本当に嬉しくて
胸の詰まる時間。
この日は愛亜が帰りに号泣して
すごい気まずい時間を過ごした。
だけど
かえってから社長に電話して
愛亜と二人、電話で話す。

愛亜:さっきは泣いてごめんね。
社長:さっきは先にかえってごめんね。



ずっと、こんなだったけど。
宝物です。
ありがとうございました。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

16. momdoll@75c全店舗

ショップをずっとやりたいと思ってた。
私がセレクトしたものを私の好きなように、並べておく空間。

昔から雑貨とかそういうものが大好きだった。
そして
ラッピングをしたりすることも大好きで
いつも、ラッピングが気に入らないいろんなお店でのプレゼント用の包み。
そんなのを全部解消する場所にしたいな・・・・

内海さんは
カフェがしたいといってた。
だから
小さくて狭い空間だけど
カフェもやろう。

もちろん
ライフスタジオのスタッフたちの新しい撮影空間だったり
新しいアイディアだったり
そういうものを広げて考えられるような空間も作りたかったから

select shop momdoll ~photo & cafe~

に、なった。

李社長にこのショップをやることにしたと話に行った。
社長に話をするときは
いつも決まって自信がなかった。
なんでだろ
たぶん、私の中で
ライフスタジオにいながらやるべきこととか、
社長の望みとか
なんだかそんなこととかいろいろが、とってもよくわかってるつもりで
だけどなんだか混乱してて
そんな状態が続いたからなのかもしれない。

今思えばそれは私が作り出した妄想の中での、いろんなしがらみだったのかもしれない。

社長は常に私の見方で
私のことを、考えてくれてる。
いつでも、そうだった。
だからこそ、一緒にやってきたんだとおもう。

社長がインテリアを手伝ってくれることになって
いろんなことをお願いした。
言い訳がましくいろんな計画があいまいなことにイライラされながらも
おまえの店舗だからと、必死でイライラをおさえ
インテリアを作った。

震災とか
ギャラリーのオープンとか
いろんなことがあって
オープンが5月になった。

5月1日オープンといわれて
5月3日にオープンと決めた。
私の、誕生日。
ただ、それだけの理由だったのだけど(笑)

時間のないなかでいろんなことをば~~~~~~っと進めて
なんとか、オープン。
恵比寿店のお客様にしかDMはお送りできなかったけど
たくさんのお客様が、DMを持ってご来店してくださった。
久し振りに再会した嬉しい出来事も多く
私の誕生日だったこともあって
いろんな人が、お祝いに駆けつけてくれた。
とても、嬉しい時間。

ここから始まるいろんな出来事を、大切にして行こうと思った。
何があるかはわからない。
だけど
とにかく前に進んでいこう。
そんな思いと共に。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館 sea茅ヶ崎

Categories NOW Reservation About75c History mind with us

  • Categories
  • Staff
  • Archives
  • Links

BLOG

New Entries

Categories

Staff

Archive

Links