MENU
75c

BLOG

BLOG | 75c
ご予約 お問い合わせ お問い合わせ ご予約

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

9. camellia@75c全店舗

the-camellia

 

花でさえも

選ばれるには複数の理由があるように

どんな小さなものでも

そこにある理由を

ちゃんと、伝えていけるように。

 

ほんの少しのつながりが

ものにも、命を吹き込んで

せっかく私たちを選んでくれたお客様の思い出の1枚の中に

残っていく。

 

動かないし

しゃべらない

だけど

多くを物語ってくれるのは

スタジオのインテリアを作り出す

小さな一つ一つの

物語だったりもします。

 

どんなことに興味をもっても

私たちだからこそ

誇りをもって、その価値をお伝えできるような

そんな空間づくりを

もっと一生懸命に

つくっていきたいな。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

8. paradox@75c全店舗

paradox

 

全てのものを違う角度から見てみる事

そしてつなげることで相乗効果を生み出す事

たんにいいものは誰でもやってるから

物事をどうとらえ

そこに価値を見出していくのか?

 

当たり前のようでいて

当たり前になるまでの挑戦を

誰がするのか?

 

写真の中だけの

新しい世界なら

もっともっと

楽しんでいけるから。

 

スタジオでの時間そのものを

もっと広げて考えていけるように。

 

それが私たちの考える

photostyling。

 

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

7. photostyling@75c全店舗

【photostyling】っていうのは

写真で

生活をスタイリングしよう~っていう

私たちのメッセージなんだ。

 

以前よりも

どんどん写真が身近になって

手軽になっている今だからこそ

データの中に埋もれていく日常を

リアルに手にして

その写真の時間を、いつでも感じられるような

そんな毎日を過ごしていきたい。

そして、そんな時間を提供していきたい。

 

【photostyling】っていうのは

特別な時間も

特別じゃない時間も

特別みたいに感じていくもの。

 

一つの言葉には

たくさんの意味合いが含まれてる。

写真と

写真を通して感じる言葉が

心の中にもっと深くしみこんでいくための

何かを

作り上げていきたい。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

6. haute-couture@75c全店舗

 

haute-couture

 

オートクチュール。

 

何も知らない頃は

セレブのきらびやかな世界だと思ってたんだ。

 

昔のヨーロッパの

貴族のためのオーダーメイドドレスが

いくらくらいで取引されていたかなんて

考えたこともなかったけど

 

時代の中で

価値のあるものを作り出していくことは

もっともっと目をむけたら

きっとたくさんある。

高いものにそれなりの価値があるという意味ではなくて

きっと、もっとそこに込められた想いが

形になっている、という事実が

とても大切な気がする。

 

私たちのスタジオは

オートクチュールフォトだって

胸を張って言えるようになるために

もっともっと深く

私たちを知ってもらって

お客様と共感して

とてもとても、特別なものを、

作り出していけたらいいなと、思うのです。

 

 

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

5. colors-of-chanel@75c全店舗

 

colors-of-chanel

 

19番館をオープンすることになったきっかけはいろいろあるけど

大きくは、とてもシンプルに

思いえがいているものを切り取って

お客様に見せていきたい。

そして新しい写真の残し方を

もっともっと、知ってほしい。

 

そんな思いからだった。

 

友達の子供が七五三になるからと

どこの店舗での撮影がいいかを聞かれた。

5番館では着物撮影がなかったから

着物の撮影ができる店舗がほしいな・・・

でも

私たちが着物を撮るなら

もっともっと、スタイリッシュに

どこでもやらないようなスタイルを提供したかった。

 

シャネルのリトルブラックジャケット展に行ったとき

モノクロの奥深さに感嘆し

私たちが考えているカタチが

なんとなく共有できた。

 

最初にオープンをした表参道19番館は

狭い空間で誰もが衝撃を覚えていた。

お客様でさえ、

撮影はどこでするのですか?と。

でも

撮影された写真をみて

驚き、喜び、たくさんのお褒めの言葉を頂いて

私たちでさえ、

新しい可能性に、心が躍った。

 

みんながやっていなくても

これだけ多くの選択肢がある時代を生きながら

写真スタジオだけは、まだまだ固定概念が外れない気がする。

私は

自分の娘の成長とともに

自分が親目線で

本当にこんなものがあったらなと思うものを

スタッフたちが実現してくれる。

まだまだ道のりは長いけど

一つ一つ

そこにあるものすべてに意味がある。

ただ、なんとなく決めているのではなく

いろんな時間のつながりが

1枚の写真を生み出すのだと

胸を張って言えるようになるまで

もっともっと、やるべきことはたくさんあるのだけど。

 

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

4. gabrielle-chanel@75c全店舗

gabrielle-chanel

 

70歳で

再び現役復帰を果たしたシャネル。

 

一度は失敗とたたかれ

資金さえも残っていなかった彼女に

資金提供をしてショーを成功させたのも

彼女の生きてきた人生の財産である

人とのつながりだった。

 

長いようで短い人生の中で

一体どれほどの人と出会い、その時間を共有し

相手を本気で思い

その時できる、自分のすべてを投入し

一瞬一瞬を過ごすことができたら・・・

 

夢のような

大きな野望をもっていたりもするけど

たかがスタジオなんて思う気持ちがあったら

それこそ、誰にでもマネされるような

ちっぽけな写真スタジオになってしまうから。

 

世界中の人を動かすような

大それたことはできなくても

今この場所で

出会ってきたたくさんの人と

頂いた恩と

自分の中でまだ眠っているたくさんの可能性がつながって

すべての変化に

変わらない想いをつめこんで

伝え続けていけたらと、切に願う。

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

3. mademoiselle@75c全店舗

mademoiselle

 

ココの愛称から

マドモアゼルへと、愛称が変わったシャネル。

 

【恋するマドモアゼル】

5番館のコンセプトは、そんなに深くシャネルと掛け合わせたものではなかったけど

聞きなれたマドモアゼルという言葉が

シャネルの愛称だったことが、なんだかちょっと嬉しかったりする。

 

それは

どんな時代でも

どんな物事でも

とらえ方ひとつ

感じ方ひとつで

味方が全く変わっていくということを知っているから。

貴族の時代や

芸術の時代

戦争の時代でなくても

時間は常に流れていて、時間がたてば今もきっと

こんな時代だったと語り継がれていく。

その中で

もっと私たちが大事に

埋もれずに

声をあげていくべきものが、きっとあると信じてる。

 

誰かのマネじゃなく

ニーズにそったものでもなく

もっと本質的なもの。

サービス業としてのスタジオではなく

人生の大事な時間を共有するという

奇跡のような、出会いそのものから生まれる

何らかの形に

もっともっと、目をむけていけたら、と、思う。

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

2. coco@75c全店舗

 

coco

 

インスピレーションから生まれる何か。

でもそれは必ず

自分が見て聞いて感じてきた何かとつながってる。

たとえそれが、なんなのかに気が付かなくても。

 

見るものすべてに

聞くことすべてに

体験そのものが、もっとつながっていけば

毎日の何気ない時間が

もっと人生を豊かにして

もっと自分を、形にすることができるのだと、信じてきた。

 

時代は違えど

もっともっとチャレンジして

新しい何かを生み出して

楽しむチャンスは、たくさんある。

シャネルのように、伝説にならなくても

たくさんの人の人生に

深くかかわることはできる。

 

そんな風に

勝手に関連付けをして

店舗の中の細かなところにまで

ちゃんと目をむけられたら

きっともっと、素敵なものになっていくのだと思う。

 

ココ・シャネルに触れて

彼女の言葉を知って

感じてきたこと。


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

1. No5@75c全店舗

75cの本店である、恵比寿5番館。

ヒストリーにも

5番館のことは、少し触れているけど

店舗にはシャネルのアイテムもたくさんあって

なんとなく、ミーハーな?シャネル好きなのかな、と思われていることもあると思い

いろんな角度から

75cにまつわる、インスピレーションを与えてきたたくさんのものを

紹介していきたいな。

 

ライフスタジオだったころ

各スタジオにそれぞれ番号があって

最初のスタジオは、aoyama no3だった。

そして2店舗目はtokorozawa no13

たくさんのお客様に

この番号は何ですか?と、聞かれたけど

実際は本当に特別な意味はなく、なんとなく決めた。

ライフスタジオの社長である李社長は

この番号なんですか?

と、お客様が思うことこそ、

ライフスタジオが話題になるための一つの大事な要素だと言っていた。

 

恵比寿店は11店舗目のスタジオだったけど

好きな数字はNo5

これにしようと決めていた。

いろんなタイミングが重なって

自分のスタジオをオープンするにあたり、

シャネルの映画が公開されたり、それを見に行ったり

フランスに行く機会があったり

combon通りを歩いてみたり

知る限りで、このシャネルという巨大ブランドを作り上げた

ココ・シャネルのことが知りたかったし

時代に、大きな変化

すなわち、スタイルの提案という難題を成し遂げた彼女のことを

もっと深く知っていく機会がほしかった。

 

だから、自分の大事に作り上げていくスタジオは

No5がいいんだと。

 

 

CHANEL No5

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us

コンセプトのあるスタジオ@75c全店舗

2017年9月から

毎日毎日

これからの75cにとって必要なもの

今までの75cが大切にしてきたこと

いろんな想いを、知ってほしくて

思うところを素直な気持ちで、まとめてみた。

 

過去のブログを読み返してみると

過去も今も

求めているものは同じなんだということに気が付いて

安心したり

自分自身に

喝をいれてみたりする。

 

たくさんの出会いと、たくさんのチャンスと

その中の選択があって、今があるから

ここでは今までの、いろんな想いを

もっと深めてたくさん紹介しながら

これからの展開にきっと役にやつと思ういろんなアイディアを

もっともっと、温めていきたいなと思っています。

 

75cは、コンセプトのあるフォトスタジオ。

それって、珍しいこと?って言われると

私は、自分の周りでコンセプトをもってスタジオを展開している人を

あんまり見たことがない。

知らないだけもあるし

私より後からは、きっとあると思う。

でも、コンセプトの存在は

私たちを、もっともっと、お客様と近づけてくれる

何よりも大切なメインテーマだと思ってる。

 

だからこそ

今まで以上にもっと

そこを深めていこうかな。

まずは、ゆっくりと

毎日少しずつ

75cのコンセプトについて

知っていってもらえたら

嬉しいな。

 

 


@75c 恵比寿5番館 恵比寿19番館 恵比寿22番館

Categories NOW event Reservation About75c History mind with us